TOPへ

理工系のための実践特許法(第3版)

共立出版 B5 3,672円

アマゾンへ

■実践特許法資料
■筆者コメント
 本書は、研究者・開発者・技術者・理工系学生のために、特許法を解説したものです。法学部における特許法解説とは少し違っています。特許権の取得・運用をサポートする法曹と、特許権を生み出す開発者・技術者とでは、特許法に対する関わりの視点が異なるはずだからです。だからといって、実践的な内容のみに絞ったわけではありません。特許法に流れる基本的な思想を理解しなければ、実践的な応用ができなくなります。そこで、第一部では基礎理論を、第二部では基礎理論を受けた実践的な内容(発明届出書、特許調査、意見書、侵害回避設計など)を解説しました。自習できるように演習を設けていますので、学生だけでなく企業の開発者・技術者・知的財産部の方にも参考にしていただけるかと考えております。

 また、自習しながら学ぶ人のために、サブノートを用意しています(下記URLから取得してください)。サブノートを用いることで、メリハリをつけて学ぶことができるはずです。このサブノートは、本書初版の際に、各大学の講義で用いていたサブノートを、第二版にあわせて改訂したものです。授業などで使用いただいても結構です。

■サブノート
サブノート

■本書にて講義をされる先生方へ
 本書に準拠したテスト問題(択一、趣旨問題、事例問題)と解説を用意しております。必要とされるようでしたらお送りいたしますので、大学(高専)名、学部、担当授業名、お名前などを下記アドレスまでお知らせ下さい。(状況により、ご提供できない場合もありますので、ご了承下さい)


■訂正情報(お手数ですが、訂正してください)
 63頁、下から3行目「6.2.5明細書」を「6.2.4明細書」に訂正。
 226頁、下から5行目「Rは家庭的個人的にYシャープを」を「Rは家庭的個人的にZシャープを」に訂正。


■書評など
(第2版)
アマゾンへ

夢をかなえる弁理士

(初版)
アマゾンへ
日刊工業新聞
PNE蛋白質・核酸・酵素 2006年3月号
弁理士GolferPA(ブログ)2009.2.10

  

■教科書
・以下の大学・高専で教科書・参考書として指定されています。

・関西大学(システム理工学部)
「知的財産権法」
 私が担当する授業です。

・国立釧路工業高等専門学校(建築・機械・情報・電子・電気工学科)
「知的財産」
 私が担当する授業です。

・京都工芸繊維大学大学院
「知的財産権特論」(博士課程前期、各専攻共通科目)
 私が担当する授業です。参考書として指定されています。

・大阪電気通信大学(工学部)「知的財産権」
 私が担当する授業です。

・大阪工業大学大学院(工学研究科/博士前期課程)
「材料・デバイス開発実務特論」
 シラバスを拝見すると、技術的な内容に知的財産を融合させた、興味深い内容です(授業を覗いてみたいですね)。本書が、参考書として指定されています。

・日本工業大学(情報工学科)
「知的財産権法」(503頁に記載あり)
 エンジニアにとって必要な知識という視点から授業が構築されています(本書がこのコンセプトに合致しているため採用していただいたのでしょう)。教科書として指定されています。

 

MAIL TO
furutain@furutani.jp
------------------------------------------------------------------------
この資料は、下記の著作権表示さえしていただければ、
複製して配布していただいて結構です(商業的用途を除く)。
(C)2006 Hideo FURUTANI / furutani@furutani.co.jp
------------------------------------------------------------------------
著書(単行本)一覧へ
トップページ(知的財産用語辞典)へ