知的財産用語辞典
あなたが入力された要旨の変更の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●新規事項追加(しんきじこうついか)New Matter−特許関係−

 ”新規事項追加”とは、出願当初の明細書等に記載していなかった事項を、補正によって出願内容に加入しようとすることをいう。新規事項(ニューマター)の追加に当たる補正を行うことは許容されておらず、出願拒絶理由となっている。したがって、出願当初より、発明内容を十分に記載した出願を行うことが必要である。

 なお、平成6年1月1日以前の出願については、上記と異なって、明細書の要旨を変更するような補正は許容されないとされている。明細書の要旨とは特許請求に記載した事項であると解されており、このため、特許請求の範囲に影響を与えないような補正(たとえば、明細書にのみ新しい事項を追加する補正)であれば、たとえ新規事項の追加に該当しても、当該補正は許容されるものとして取り扱われている。

知的財産用語辞典ブログ「新規事項追加」 (弁理士 古谷栄男)

50716 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々