知的財産用語辞典
あなたが入力された漫画カット著作権事件の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●引用(いんよう)−著作権関係−

 自分の著作物の中に他人の著作物を引用することは、著作権侵害にならない。典型的な例が他人の論文の一部を引用して、これを批判するような場合である。ただし、引用が許されているのは、@公正な慣習に合致し、かつA報道・批評等の引用の目的上正当な範囲内のものに限られる(32条)。

 したがって、他人のコンテンツやプログラムを引用が、上記の引用の要件を満たしていれば、著作権侵害とはならない。ただ、上記の要件から考えると、画像の著作物の場合は、引用が成り立つ場合は、ほとんどないと思われる。漫画カット著作権事件(平成11年8月31日東京地裁H9(ワ)27869号)では、東京地裁は漫画であっても、著作権法で認められる引用がある場合があると認定した。なお、この事件は平成11年10月現在控訴中である。

(弁理士 松下正)

19915 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々