知的財産用語辞典
あなたが入力された包袋の記録の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●包袋(ほうたい)File Wrapper−特許、商標関係−

 ”包袋”とは、特許出願、商標出願等の出願経過をいう。つまり、出願以後の特許庁と出願人とのやりとりを保存したものである。現在は電子データとして保存されているが、昔は、袋の中に保存していいたため包袋と呼ばれている。包袋の内容には、明細書などの出願書類、拒絶理由通知、意見書、手続補正書などが含まれる。

 公開公報、特許掲載公報、商標掲載公報などによってその内容が公開された出願については、何人でも包袋を閲覧することができる。出願経過は、特許権成立後の権利範囲の判断に影響を与える場合がある。

知的財産用語辞典ブログ「包袋」
(弁理士 古谷栄男)

98779 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々