知的財産用語辞典
あなたが入力された任意規定の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●強行規定(きょうこうきてい)−著作権関係−

 ”強行規定”とは、当事者が合意したとしても、規定違反の契約ができない法律の規定をいう。強行規定に違反した契約は無効となる。これに対し、任意規定であれば、これに反するような契約を当事者間で交わすことができる。

 著作権法においては、複製の可能な場合(著作権法第47条の2)、同一性保持権の例外(著作権法第20条2項3号)が、強行規定であるか任意規定であるかが問題となっている。


18178 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々