知的財産用語辞典
あなたが入力された特願平の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●特許出願(とっきょしゅつがん)Patent Application−特許関係−

 ”特許出願”とは、特許権を得るため、特許庁に対し、願書、明細書等を提出する行為をいう。

 発明を行っただけでは、特許権を得ることはできない。願書、明細書等を提出して特許出願を行わなければならない。願書には、発明者などの事項を記載する。明細書には、発明の実施形態を詳しく記載する。特許請求の範囲には、権利を取得したい範囲を記載する。図面には、発明の実施形態を図に表す。要約書には、要約を記載する。審査官は、提出された出願書類に基づいて、特許すべきものであるか否かを判断する。

 特許出願は、受付順に番号(出願番号)が付される。たとえば、特願2010−○○○○○○のような番号によって特定される。特願は”とくがん”と読み、「特」は特許、「願」は出願を意味する。2000年より前の出願は、西暦ではなく年号によって出願番号を示していた。たとえば、特願平4−○○○○○○というように表記する。

知的財産用語辞典ブログ「特許出願」

(弁理士 古谷栄男)

95242 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々