知的財産用語辞典
あなたが入力された職務著作の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●法人著作(ほうじんちょさく)−著作権関係−

 法人の従業者が創作した著作物について、一定の場合には会社が著作者となる。これを法人著作という。一定の場合とは、@会社の発意に基づいたか、A従業員が職務上作成したものか、B会社名義で公表するかの3つの要件を満足する場合である。なお、プログラムについては、上記Bの要件を満たさなくても、@Aの要件を満たせば、法人著作となる。

 また、出向社員や派遣社員が作成した著作物が、何れの法人の著作となるかについては問題がある。著作権の帰属について明確な契約が存在しない場合には、賃金の支払い方法などから、いずれの法人の従業者であるかが決定される。


16081 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々