知的財産用語辞典
あなたが入力された国際知的所有権機関著作権条約の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●WIPO著作権条約(わいぽちょさくけんじょうやく)−著作権関係−

 ”WIPO著作権条約”とは、1996年12月にWIPO(世界知的所有権機関)外交会議にて、WIPO実演・レコード条約とともに、採択された条約である。特に、ネットワークにおける行為、たとえば伝達権が規定された点が大きい。

 正式には著作権条約とレコード条約からなる。著作権の国際条約としては、万国著作権条約、ベルヌ条約があるが、基本的には内国民待遇である。この条約は、各国における保護をより強固なものとするために、より踏み込んで規定している。

 この条約についての詳細は、ネットワーク時代におけるWIPO新条約と著作権法の一部改正(松下正)を参照のこと。


35818 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々