知的財産用語辞典
あなたが入力された個人的実施の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●業として(ぎょうとして)−特許法関係−

 ”業として”とは、事業としての意味である。特許権侵害の成立要件であり(特許法第68条)、営利目的や反復継続性の有無を問わず、事業として特許発明を実施することをいう。つまり、特許製品を生産、販売等したとしても、それが単に家庭的、個人的な実施にとどまる限り、特許権の侵害にはならない。


71507 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々