知的財産用語辞典
あなたが入力された拒査不服審判の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●拒絶査定不服審判(きょぜつさていふふくしんぱん)Appeal−特許、商標関係−

 ”拒絶査定不服審判”とは、審査官の下した拒絶査定に対して不服を申し立てる審判をいう(特許法第121条)。3名または5名の審判官の合議によって、審査官の判断が正しいかどうかが審理される。

 審理の結果、審査官の判断に誤りがあると考えられるときには、再度審査官に審査を命じるか、直ちに特許査定(登録査定)を行うかのいずれかが行われる。審査官の判断が正しいと思われるときは、拒絶査定が維持される。審判における最終的な決定を審決という。審決に不服がある場合には、訴訟を提起することができる(審決取消訴訟)。

 拒絶査定不服審判請求の際に特許請求の範囲に補正があった場合、再度審査官に審査させる(前置審査)。元の審査官がみれば、補正された特許請求の範囲について、直ちに特許できる場合もあるからである。

知的財産用語辞典ブログ「拒絶査定不服審判」
(弁理士 古谷栄男)

73385 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々