知的財産用語辞典
あなたが入力された仮保護の権利の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●補償金請求権(ほしょうきんせいきゅうけん)−特許関係−

 出願から1年6箇月経過すると、出願の内容(すなわち発明)が公開公報に掲載される(出願公開)。この公開公報を見て、発明を模倣する者が現れる可能性がある。そこで、模倣者に対してロイヤリティ相当額を請求できる権利を出願人に認めている。これを補償金請求権という。権利成立前に認められる権利であることから仮保護の権利とも呼ばれる。



(弁理士 古谷栄男)

40350 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々