知的財産用語辞典
あなたが入力された仮処分申請の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●仮処分(かりしょぶん)

 権利関係に争いがあり、確定を待っていたのではその間に著しい損害を受ける場合などに、紛争の訴訟的解決または強制執行の可能となるまで暫定的に行われる処分をいう(民事訴訟法第760条)。

 仮処分は知的財産権以外の一般的な権利侵害の訴訟でも認められる。とくに特許権や商標権、著作権などの知的財産権では、本訴の判決確定までに時間がかかるため、たとえ勝訴しても回復できない損害が発生することもある。このような場合に仮処分が有効に働く。

(弁理士 古谷栄男)

22979 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々