知的財産用語辞典
あなたが入力されたリバースの解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●リバースエンジニアリング(りばーすえんじにありんぐ)−著作権関係−

 他社の製品を分解して解析し、そこから技術情報を抽出すること。マニュアル記載の動作からの解析、テストランによる解析などによるリバースエンジニアリングは問題ない。なぜなら、著作権はプログラムの表現を保護するものであって、プログラムの表現の奥にあるアイデアについては保護しないからである。

 しかし、オブジェクトプログラムを逆アセンブルし、ソースプログラムの形にした上で、情報を抽出する形態のリバースエンジニアリングについては、形式的には、元プログラムの複製や翻訳行為に該当する。ただし、公正利用と考えることもできるので、多くの学説では著作権侵害とならないとしている。


15440 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々