知的財産用語辞典
あなたが入力されたライセンス料の解説はありませんでしたが、下記の用語解説が参考になると思われます。



●実施料(じっしりょう)Royalty−特許関係−

 ”実施料”とは、特許されている発明などを実施させてもらうための対価をいう。いわゆるライセンス料である。製品1個につき、その価格の何%というように決められる。また、一括払いによる場合もある。

 大量生産品であって比較的低価格のものは低い%、少量生産で比較的高価格のものは高い%になる傾向がある。

 2009年に特許庁がロイヤリティ料率に関する実態調査を発表している。詳しくは古谷国際特許事務所ニュースレター158

 知的財産用語辞典ブログ「実施料」
(弁理士 古谷栄男)

105408 知的財産用語辞典|あ行|か行|さ行|た行|な行|は行|ま行|や行|ら行|わをん行|
・新たな用語の入力→ 

トップページに戻る
特許・商標・著作権の基礎講座
知的財産関係のリンク
このホームページを作った人々